ブログ

  1. 7546b4bc14a51f2358ea3499ecc2818c_s

    お掃除のテクニックを大公開、春秋編

    ・春は、ささっとふいて綺麗に春のお掃除テクニックですが、玄関の目に止まりやすい玄関横の鏡を綺麗にしたりなど、ささっとできる掃除をするのがポイントです。重曹をスプレーにかけ、鏡をふいて、水拭きします。最後にマイクロファイバーで仕上げぶきをして、ピカピカに仕上げることが可能です。

  2. 4cf5595b0b5dd5f81680e7b64c5e9f8c_s

    知って得するお掃除術を大公開

    ・夏場は大掃除にぴったりの季節気温が高くて日照時間が長い夏は、お掃除に向いている季節です。年末を待つまでもなく、夏のうちに大掃除をしてしまいましょう。まず、油は熱に反応して取れやすくなります。そのため、レンジフードのお掃除などに向いています。掃除はクーラーを付けずに行うといいでしょう。

  3. 7153058b3b03b48ce5c92d2e79072c47_s

    知っておくととても便利!ガスコンロのお手入れ方法

    ガスコンロは、バーナー、ごとく、トッププレート、グリル皿、グリル焼き網、グリル扉の部分に分かれています。それぞれ、ガスコンロの部品として重要です。それぞれの掃除方法、お手入れ方法を紹介します。なお、ガスコンロが十分冷えていることを確認してから掃除にあたってください。

  4. a1d6a321eed3dd2e29acb5bfa0362410_s

    ハウスクリーニングのやり方

    ・ハウスクリーニングには準備も重要ですハウスクリーニングには、汚れの種類を見極めるなどして、準備も必要となります。タダ闇雲に中性洗剤をかけてゴシゴシこすっていても、汚れは思うように落ちてくれませんし、体力も無駄に消費してしまいます。

  5. 31b8fb858994f4e7322ad068da7e3bf0_s

    ガスコンロのバーナーを掃除する方法

    ・ガスコンロの火がふぞろいになった時はお手入れのタイミングガスコンロの火がふぞろいになった時は、お手入れのタイミングです。バーナーキャップを取り外し、使い古した歯ブラシなどを使って、先の細いものを利用して目詰まりを取りのぞきます。目詰まりがあると、点火不良や不完全燃焼の原因となります。

  6. 08326e0d12a86355d16070842d187014_s

    しつこいカビの汚れが取れない場合には

    ・お風呂のカビなどは賃貸の敵お風呂のカビなどは、賃貸住宅の場合、修繕費をたっぷり取られてしまいます。できるなら自分でカビ取りしたほうがいいですね。お風呂の頑固なカビは、カビ取り剤ではなかなか取れなくなってきています。

  7. ce698d0f116700598e112e2280cc16d7_s

    キッチン掃除のやり方について

    ・頑固な油汚れは重曹でキッチンの汚れの基本的なものは、台所用中性洗剤で落ちます。ですが、頑固な油汚れは、重曹を使って中和して落としましょう。油汚れは酸性の汚れです、よって、アルカリ性の重曹を使うことで中和でき、汚れを分解することが可能です。

  8. b5529271c80bacf52e36bf069c0bd284_s

    ハウスクリーニングにかける時間はどのおくらいがベスト?

    ・時短掃除を行うために掃除にかける時間はなるべく短縮したいもの。そのためには、掃除用具を手に届くところにおいておくことが大事です。汚れたらすぐに体が動いて掃除をしてしまう。掃除が生活に溶けこむことが、綺麗な家をキープする近道です。

  9. 7651f52548bda0ea03c8286eb7900d34_s

    自分でハウスクリーニングをする際のおすすめ!

    ・重曹とクエン酸がおすすめです汚れには酸性の汚れとアルカリ性の汚れがあります。それらを、正反対の洗剤で中和させて、汚れを浮かして取るのがハウスクリーニングのおすすめとなります。酸性の汚れとは、キッチンの油汚れなどです。よって、キッチンの油汚れなどは、アルカリ性の重曹などがおすすめです。

  10. b46852db8f51e84b69b8166fdb187bf2_s

    意外と知らない?レンジフードの洗い方!

    ・始める前に、ブレーカーを落として 始める前に、ブレーカーを落としましょう。ファンが回っていると、手が挟まれて危険だからです。動かしていない時でも、何らかの拍子にファンが回って、手が挟まれてしまうことがあり得ます。ですので、絶対にブレーカーを落としてから作業してください。

  11. 77e77a96e300bc90da91625d34222f45_s

    汚れにはのどんな種類があるの?

    ・汚れにはいろいろなパターンがあります 汚れにはいろいろな種類があります。食べ物の混ざった油汚れや、水垢、ホコリ、酸性、結晶性のものなど、汚れの状態や付着している場所やどれぐらい頑固な汚れかでも汚れの種類はことなってきます。どのような汚れがあるかによって、対処方法も変わってきます。

  12. ac34ba077efab55fa4023abceaa4032e_s

    しつこい汚れの落とし方をご紹介します!

    ・ゴシゴシとはこすらない 汚れを落とすのが面倒くさい理由として、汚れを落とすときに力が必要だというのが挙げられます。ですが、汚れをゴシゴシこすっていては、素材にキズがついてしまいます。できるだけ力を使わず、ゴシゴシとこすらないで掃除することが大切です。

ページ上部へ戻る